« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.29

Che Spettacolo!

200603_vale

MotoGP開幕戦、
昨季までの5年連続王者はスタート直後に転倒。
しかしその後起き上がって最後尾をひた走り
19人中14位でフィニッシュ、ポイントまでしっかり獲得してレースを終えた。

・・・・・・・・・感動した(涙)

写真と語学、これまで以上に頑張るよ!
彼と向き合い、言葉を交わし、その姿をフレームにおさめるその日を夢見て!!

こいつあほちゃう?と思う人結構いると思うけど
本気だからね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.26

catch up

200603_heinz

トマトケチャップって、なにげに偉い。
おいしいし。
極貧でも、ご飯にケチャップさえあればなんとかなる。(かな?)

時には愛の告白にもつかえちゃうスグレモノっ♪
(オムライスの上に『L♥VE』)


↑私は絶対にやらんけどな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.23

energy

200603_deseo1

静かにためたエネルギーが

200603_deseo2

ステージ上で、この笑顔に変わる。

最近、私のまわりの人がどんどんステップアップしていってる。
私もがんばらなきゃ、って思う。
カメラごしに、私は大切なものをたくさんもらってるんだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.22

爽。

200603_lille

リレさんは、ひたむきで、前向きで、あたたかい心を持った女の子。

そんな彼女が主演した短編映画が
3月24日、渋谷アップリンクで上映されます。

『秋の浮き輪』 詳細はこちら >> http://www.uplink.co.jp/factory/log/001023.php

一人の女の子の、静かな心の成長の物語です。
わたしは先月見に行ったのですが
映画を見てあんなに爽やかな余韻に浸ったのはひさしぶりでした。
等身大のリレさんの揺れる思いが、そのまままっすぐ伝わってくるようで。

誰かと「浮き輪」を共有する幸せは
ありふれているようで、実はなかなか手に入らないものかもしれない。
だからこそ、大切にしたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.17

Home

200603_p

鍋からたちのぼる湯気、
新聞をめくる音、
私の名前を呼ぶときの、独特のイントネーション。

実家はやっぱりほっとする。
ここが、私のルーツです。

この人たちを超えるのは、きっとまだまだ先の話になりそう・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.03.15

ねんね

200603_sabu

ふかふかの夢をみよう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.03.10

待ち人来る?

200603_omikuji1

200603_omikuji2

光がつよくてちょっとぶっ飛んでしまったけれども
彼のおみくじは大吉でした。

200603_omikuji3

いつになく静かに、真剣に
神様が降りてくるのを待つ。


私はどちらかというと向上心というものがあまりないほうで
幸せがあちらからやってくるのをずっと待ってるタイプです。

でもときたま、衝動的にその「待ちの扉」を破って
突き進んでいきたくなることがある。
そうやって自分の直感を100%信じて動いたとき、
不思議と失敗したことがない。
いや、失敗したことがないというよりは
失敗したとしても後悔が残らない、というべきか。
まさに、神様が降りてくる瞬間。

もうすぐきそうな予感がするんだな、そんな瞬間が。
今は来るべきその日に向かって準備している真っ最中。

・・・ずっと「準備中」の札がかかってても・・・
そのときは静かに見守っていてね(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.03.07

study,study

200602_study

ここのところ気持ちがずーっと内向きだったけど
勉強するにはもってこいの状態だったかも。

暖かくなってきたから
テキストの文章を音読するだけじゃなくて
そろそろ外に出てみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.01

3時のおやつ

200602_oreo

庶民なので、好きなものは少ーしずつ少ーしずつ食べます。
2枚サンドになってるOREOを1枚ずつにパカッと割って
クリームをこそげ取りながら、大切に味わうの。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »