« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.29

ひらひらと

200501_spring

街には早くも春が舞う。

カメラを手にして、こうしてウインドウを眺めていて思うのは
「この春流行しそうな服は、私には着られそうもないな」ということである(泣)。

いいんだもん。私は私だ!
東京中の女の子全部が全部、エビちゃんになる必要はないのだ!
ねねね。

…泣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

雲の上を歩く

200601_up

雲をつかむのに夢中だった彼は
すぐ上に広がる、澄みきった青空には興味がなかったのだろうか。

彼は彼なりの野望を持っていて
欲望を形にするべく邁進した。
その行く末が、暗く冷たい壁に囲まれた四角い部屋…
自業自得だ。

でも
したり顔で理想論ばかりを語り
現実に変える術を持たない、あるいは持とうともしない人間が
私の周りを見渡すだけでも、うんざりするほど存在する。

そういう人間に限って
いいときは彼を手放しで称え
わるくなったとたんに彼をバカにし、非難している。
何もしない人間が、他人のことをとやかく言う権利はまったくないのに。

(写真と本文は関係ありませんよ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.20

アメリカンダイナー的なもの

カントリー、ブルース、ジャズ、ロック・・・
アメリカンルーツミュージックをベースに独自のサウンドを展開するユニット
『Mazik Floor(マジックフロア)』のサイトがリニューアルされました。

今回のリニューアルにあたり、
フォトグラファーとして微力ながらお手伝いさせていただきました。
このような機会を与えてくださったハルさん、アヤコさんに
心からありがとう。

【写真を掲載していましたが、都合により削除しました】

二人の研ぎ澄まされた、それでいてあたたかいサウンド感覚そのままの
とても素敵な、かっこいいサイトです。
ぜひ、Mazik Floorの世界に浸ってみてくださいね。
もちろん、二人の曲も聴けますよ!

Mazik Floor Webサイトはこちらです>>

またもや、カメラメーカーの事業撤退がニュースになったけれど
寂しくなんかないもんねーだ。ぷん。
私は私で、撮りたい写真を撮りたいように、ただ撮り続けるだけです。

広大でひたすら続く道をゆく、何百マイルものドライブの途中で立ち寄る
古びたネオンのアメリカンダイナー。
レモンパイと、安っぽい味のコーヒーでひといき入れる・・・
アメリカの映画に出てくるでしょ。
ああいう気分を味わえるような写真を、今後も撮っていきたいの。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.01.17

旅はまだはじまったばかりだ

200601_child

じょうずにあんよできるようになったら
きみも一緒に天竺に向かうかい?


月曜9時のドラマ「西遊記」面白い!
これは毎週見よう。

しかし、ストーリーはすごくいいのですが
セットがいかんせん「ドリフの大爆笑」風でなんとも・・・(笑)
マチャアキの「西遊記」のイメージがたぶん強すぎるんだと思うんだけど
せめてフィルムで撮ってたら、もうちょっと違う感じになる気がするです。

それにしても、全然話はかわるけど
例の何とかエモンさんは、つくづく
エラい人たちに利用されちゃうタイプの人だなー。
(昨日報道されてた一連のこと、タイミング的に不自然だものね)
自分が世の中をコントロールしているつもりが
いつの間にか上手にコントロールされちゃってる。

身の丈に合わないことを無理してやって、先を急いでも
あとに残るものは何もないってことだよね。
私も経験があるからそれはすごくよくわかる。
(といっても法に触れるような大それたことはしてないですが)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.13

銀塩くん、がんばれっ

今日は更新をお休みするつもりだったのですが
カメラ関連のニュースがあったので。

ニコン、フィルムカメラ事実上撤退・・・

いずれそうなることはわかってましたが
まさかこんなに早くそのときがやってくるとは(泣)

ますます気になってくるのはフィルムメーカーの今後ですよね。
AGFAがすでに撤退し(ウチにあるストックで、大切に撮ってあげようと思う)
Kodakにもなんだかヤル気をまったく感じない・・・

私の場合も、デジタル→銀塩と、逆の道をたどっているわけだし
前に、新しく買ったNATURAを友達に見せたら
「なぁんだデジタルじゃないんだー」と言われた。
もうデジタルがホントに普通になっているんだなぁ・・・

フィルムはアナログレコードなんかと同じように
ほんとに一部の人の楽しみになってしまうのかもね。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2006.01.12

ほかほか

200601_china11

この瞬間のために
電車に乗ってやってきた。


さて、明日から少し更新がゆるやかになるかもです。
これからもいい写真を撮ってゆけますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.11

(ぴ) FOR SALE

私(ぴ)のもともとのハンドルネームは「ぴーたん(皮蛋)」です。

200601_china10

おいしくて、つよくなる。

そういえば
近所のローソンに、かの「ホワイトバンド」が
このような状態で山盛りに売られているのを見ました(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

フォトジェニック

200601_china9

マダムヤーンな人たちは
中華街に行くたびに私をプルプルさせてくれます。
ウチにこれを置いておける充分なスペースがあれば
迷わず買って帰るんだけど。

今回は手前のパンダのビッグスマイルにしびれました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

ほんのり甘く

200601_china8

さて、ここ何日か
「中華街で、みっしりと集合していたもの」
をテーマにお送りしています。
今日は甘栗。

甘栗ってどうしてああいう味がつくのですか?
カラがしっかりついてるのに?
知ってる人、誰か教えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

アイドル

200601_china7

お気に入りは見つかった?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.07

可憐に

200601_china6

そしてお行儀よく並んで
お嫁にいく日を待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

China Town

中華街には「満ち足りてる感」があふれてる。

200501_china3

おまもり選びに余念のない親子は
おまもりを持ってなくてもすでに幸せそうです。

200501_china4

これから料理店に入る人の、期待感いっぱいの背中。
栄養のたっぷりつまったおなかを抱えて出てくる人たち。

200501_china5

ほらね。ふくふくの笑顔がここにも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.05

(ぴ)からの贈り物

2006年、本格的に始動!
それにしても、本当に寒いですね・・・

200601_china1

(ぴ)からあなたに、冬の贈り物をお持ちしましたー。

200601_china2

さあどうぞ、ご遠慮なく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.04

命より大切な。

(今日はケータイより失礼します)

200601_camera

奥のカメラは夫のコンタックスRX、そして手前が私のカメラ。
ふたりでカメラにハマるようになってからは
出不精夫婦に希望の光が見えてきた・・・というか。

さながら、ピンクの服を着ていない林家ペー・パー子ってところ?
キャハー(笑)

今年はカメラを持って海外に行きたいなぁ。


お正月休みの最後はDVDで「ロスト・イン・トランスレーション」を観る。
私の東京に対する思い、東京で日々味わう気持ち、
そして私の目に飛び込んでくる東京の姿かたち・・・
すべて間違っていなかったことがわかって
なんだか嬉しくなりました。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006.01.03

はじめまして

200601_sunnyday

2006年最初の青空。

よい天気になったので、横浜中華街に出かけてきました。
スゴい人だった!
ひと足お先に春節気分を味わってきました。
カメラ初めはうまくいったでしょうか・・・(ドキドキ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.02

新年2日目

200512_roji

寒いしお天気もイマイチ・・・
おうちの中でTV三昧の、のんべんだらりなお正月も悪くない。

でも、明日はどこかに繰り出してカメラ初めしたいな。
光りの射すほうへ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.01

A Happy New Year!

200601_ny1

200601_ny2

200601_ny3

2006年はどんな1年になるでしょうか・・・
すこしずつ、いいことが増えていきますように。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »